日産セレナの主な魅力と気になる買取価格とは・・・?

日産セレナはミニバン車の中でも人気がある車種ですね。

なぜ日産セレナは多くの方々から高い評価を得ているのでしょうか?

日産セレナ

広々とした室内空間

日産セレナの一番の特徴は広々とした室内空間ですね。

室内の長さと幅がミニバンクラスでトップとなっています。室内長が3,240mm・室内幅が1,545mmで設計されています。

そのため、1列目シートから2列目、3列目シートのどの座席に乗車してもゆったりとくつろぐことができます。

2列目シートは特にゆとりがあります。グレード別設定で超ロングスライド+横スライドが可能になっています。

最大690mmのスライドが可能となっていて、まるで自宅のリビングに居るかのように過ごすことができます。

3列目シートに関してもスライド機構が採用されています。単にシートをスライドさせることができるだけでなく、シート自体も厚みがあり、ほどよいクッションで快適です。

運転がしやすい

日産セレナのような大型ミニバンの場合は運転がしにくいというデメリットがありますが、安心して下さい。

大型車でありながら、さまざまな工夫が施されているので非常に運転がしやすくなっています。

例えば、右折・左折時に安全確認を容易にするため、フロントピラーをスリムにしています。

その結果、三角窓からも視界が良好で安全に走行することができます。

さらに3列目シートを跳ね上げてもリヤサイドガラスはほとんど隠れることはありません。後方視界もしっかりと確保されています。

スマートシンプルハイブリッド

グレード別設定ですが、スマートシンプルハイブリッドを搭載することができます。

スマートシンプルハイブリッドとは、減速時の運動エネルギーを有効活用できる最新技術です。

内蔵されているバッテリーに蓄えた電力をECOモーターで加速時のエンジンの補助駆動力やアイドリングストップ、さらにはエアコン、電装品などに再利用することができます。

日産セレナのような大型ミニバンの場合は一般的な乗用車よりも燃料を必要としますが、スマートシンプルハイブリッドによって低燃費を実現することが可能になりました。

燃料消費率は17.2km/L

上記のスマートシンプルハイブリッドやアイドリングストップなどによって、燃料消費率は17.2km/Lを実現しました。

この数値はミニバンクラスの中でもトップクラスの低燃費となっています。

ミニバンに乗りたいけれど、燃費が悪いから購入をためらっているという方にもおすすめの車種だと言えます。

日産セレナの買取価格

日産セレナを手放す際は一体どれくらいの価格で売却できるのでしょうか?実際の買取事例を紹介しながら見ていきましょう。

2015年式の2.0 ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティパッケージで走行距離が1~2万キロの場合は1,735,000円で買い取ってもらった事例が報告されています。

2012年式の2.0 ハイウェイスター G S-HYBRIDで走行距離が4~5万キロの場合は1,235,000円で買い取ってもらったデータが存在します。

2008年式の2.0 ハイウェイスターで走行距離10~11万キロの場合は273,000円で買い取ってもらった事例が存在します。

このように5年落ちのまでは100万円以上の買取価格を提示してもらえるケースが多いですが、それよい古いモデルは大きく価格が下落する傾向があります。

できるだけ高く売りたいと考えているなら、早めに買い取ってもらうことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です