高級セダンである日産フーガの魅力と買取価格を詳しく紹介

日産フーガはプレミアムセダンとして位置づけられている高級車種です。

新型モデルでは美しい流麗なボディラインと精悍さを漂わせたフロントマスクが採用されていて、今まで以上に気品を感じさせます。

ボディカラーに関してはプレミアムブラウン、ダークブルー、ダークメタルブルー、ガーネットブラック、ブリリアントシルバー、スーパーブラック、ブリリアントホワイトパールが用意されています。

日産フーガ

快適な室内空間

日産フーガはエクステリアだけでなく、インテリアにも十分こだわって作り込まれています。

開放感と抱擁感を高次元で融合させたインテリアデザインとなっています。

シート時は本革やセミアニリン本革、ストーンホワイト本革、ネオソフィール(ジャカード織物)、スエード調トリコットなどから選択することができます。

先進の安全装備

日産フーガには先進の安全装備が備わっています。

前方にはエマージェンシーブレーキが搭載されています。新型のミリ波レーザーによって前方車両との衝突リスクを検知すると、ディスプレイ表示やブザーでドライバーに警告を発します。

さらにアクセルペダルの反力とブレーキが作動してドライバーに衝突回避を促します。

側面においては車両の後部(左右)に設置されているサイドセンサーが運転中に死角になりやすい後方の隣接レーンの車両を検知してくれます。

車両を検知した場合はサイドミラー横に設置されているインジケーターでドライバーに通達します。

後方においてはBCI(後退時衝突防止支援システム)が利用できます。

車両後部の左右に設置したサイドセンサーと車両後部のソナーによって、車両の後方を横切る車両を素早く検知してくれます。

車両を検知した場合はサイドミラー横のインジケーターやアラウンドビューモニターのディスプレイ上の表示と音によってドライバーの注意を促します。

ハイブリッド車

日産フーガにはガソリン車だけでなくハイブリッド車も選択できます。

日産独自のハイブリッドシステムとV6 3.5L DOHCエンジンを組み合わせることによって、単に燃費性能がアップするだけでなく、高級セダンに相応しいハイパワーとダイレクト感のある走りも両立しています。

燃料消費率に関してはJC08モードで18.0km/Lを実現しています。環境にも配慮したいというドライバーはハイブリッド仕様のフーガを選択して下さい。

コクピット内にもエコ情報をチェックすることができます。ハイブリッドシステムのエネルギーマネジメントやさまざなアドバイスがグラフィックで表示されます。

日産フーガの買取価格

日産フーガを手放す際にはどれくらいの価格で買い取ってもらえるのでしょうか?

2015年式の370GTで走行距離が4~5万キロの場合は1,270,000円で買い取ってもらった事例があります。

2011年式の370GT タイプSで走行距離が10~11万キロの場合は1,100,000円で買い取られた事例が存在します。

2010年式の250GT Aパッケージで走行距離が9~10万キロの場合は1,240,000円という金額を提示しもらったデータがあります。

セダン車はミニバンやコンパクトカーなどと比較して中古車市場ではあまりニーズがないので、新車価格からの下落が比較的大きいですね。

高価買取はあまり期待はできませんが、少しでも高く売却したいなら複数の買取専門店から査定を受けることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です