人気の軽自動車の日産デイズの特徴と買取価格を紹介

日産デイズは数ある軽自動車の中でも人気がある車種です。

日産デイズ

2つの先進エコシステム

日産デイズでは2つの先進エコシステム(アイドリングストップとバッテリーアシストシステム)が搭載されています。

アイドリングストップでは赤信号などで停止している際のアイドリング時のガソリンの消費をストップできる機能となっています。

アクセルペダルから足を離すと自動で燃料噴出をカットします。そしてブレーキを離したり、ハンドルを動かすと、その約0.4秒後にエンジンが勝手に再始動する仕組みになっています。

一方のバッテリーアシストシステムは停車時に充電した電力を電装品に供給することができる機能です。

充電した電装品に供給することによってエンジン感動による発電回数を抑えてガソリンを消費を節約することができます。

これらの2つの機能を活用することで環境に優しいエコドライブが実現します。

クルーズコントール

グレード別設定になりますが、日産デイズではクルーズコントールも利用できます。

時速40キロ~100キロの範囲内において、アクセルペダルから足を話しても一定の速度で走行することができます。

高速道路などの長距離運転でも利用できるので、ドライバーの負担を軽減できるメリットが期待できます。

エマージェンシーブレーキ

日産デイズにはエマージェンシーブレーキが搭載されています。

ボディに搭載されている赤外線レーザーレーダーによって前方の車両を検知します。

そして衝突の危険があると判断した場合はメーターに設置されている警告灯とブザーが鳴ってドライバーに警告します。

さらに自動的に緊急ブレーキを作動させて衝突の被害を軽減することができます。

踏み間違い衝突防止アシスト

その他には踏み間違い衝突防止アシスト機能も利用できます。

駐車操作などで停車時~時速約10キロ以下の低速走行時において、前方に壁などの障害物がある場合にアクセルペダルをブレーキペダルと間違えて踏んだ場合に作動します。

アクセルとブレーキを間違えて強く踏み込むと、ドライバーにメーター内の警告灯とブザーで警告してくれます。

そして自動的にエンジンの出力をコントロールして障害物への衝突被害を軽減することが可能です。

日産デイズの買取価格

日産デイズは販売台数が多いということで、中古車市場でも数多くの台数が流通しています。

ここでは具体的な事例を紹介しながら買取価格を見ていこうと思います。

2015年式のJグレードで走行距離が1~2万キロの場合、523,000円という価格を提示してもらったケースが報告されています。

2014年式のハイウェイスターGで走行距離が1~2万キロの場合は595,000円で買い取ってもらったという事例が報告されています。

また、2013年式のハイウェイスターXで走行距離が4~5万キロの場合は438,000円で買い取られた事例も存在します。

日産デイズは新しい年代の車両が多いので、どのグレードもそれほど値崩れはしていないようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です